ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜 公式ブログ

横浜市・町田市で居場所などを開催しています。当事者会「ひき桜」「ひき町」、ピアサポート学習会「ひきこもりピアサポートゼミナール」を手作りで開催しています。

第10回ひきこもりピアサポートゼミナールのご案内

★第10回ひきこもりピアサポートゼミナールのご案内
ひきこもりピアサポートゼミナールとは、ピアサポートについて体系的に学びつつ交流する学習会です。

 

※第10回(12月22日)は写真撮影を行います。参加者の顔は全てモザイク加工します。2~3枚ほどを今年度末の報告書に掲載いたします。

 

ピアサポートとは「似た経験を持つ人同士による支え合いの総称」を指します。

 

ピアサポゼミは、主催者・参加者ともにひきこもり当事者・経験者で開催する、学習会形式の当事者会です。
少人数演習形式で、お互いが演習を通して理解していくといったプログラムです。講義は行わず、演習を通じて自分たちで学び合うというのが特徴です。また、アメリカやカナダのピアサポートガイドラインや研修テキストの翻訳版を用いて学ぶので、ピアサポートを体系的に学べるのも特徴です。

 

ピアサポゼミは以下の流れで進行します。
①テキスト通読(一人一人が順番にテキストを読んでいきます)
②つぶやき(テキストを読んで感じたことをご紹介します)
③演習(テーマに沿って、1グループ4~5名で学びを深めます。)
④全体共有(各グループで出た話をざっくり共有します)
⑤歓談(自由時間です。他のグループで話し合われた内容を確認したり、参加者同士で自由に話をしたり、休憩したり、自由にお過ごしください)
これを2セッション行います。

また、申し込みいただいた皆様には、開催2~3日前にオリジナルの事前学習教材を送付しています。

 

第10回は「リーダーシップ」という単元を学習します。
リーダーシップと聞くと、先陣をきって周りを引っ張っていくタイプを想像する方が多いと思います。しかし実際には様々なリーダーシップの形があります。例えば周りを引っ張るタイプもあれば、落ち着いて全体を見るタイプ、メンバーを後押しするタイプなどもあります。
当事者グループのリーダーにはどのような資質が求められるのか、当事者グループが継続するために必要なことなどを学んでいきます。ピアサポートを行うグループが長く活動できるために重要な要素などを学びます。

 

★当日のご案内はこちらです。
※申し込み必須です!
日時:2018年12月22日(土)12:30~16:30
場所:神奈川県立青少年センター(部屋は申込者に連絡いたします)
参加対象:ひきこもり状態にある方、過去にひきこもり状態にあった方
参加費:500円
申し込み:必須(メール申し込み)
申し込み方法:件名に「第10回ひきこもりピアサポートゼミナール申し込み」、本文に以下①~④を記載のうえ、ひき桜メールアドレスまでお申し込みください。
①氏名 ②ふりがな ③ひきこもり経験(ありorなし) ④注意事項への同意(はい)
申込先:hikizakura.yokohama@gmail.com(ひきこもりピアサポートゼミナール担当宛て)

 

ピアサポゼミでは、以下のルールを設定しています。こちらに同意のうえ、ご参加ください。
・配布資料を複製・頒布しない
・個人情報を外に出さない
・相手を不快にさせる言動は慎む(相手の人格批判、セクハラ発言など)
・運営を妨げる行為をしない