読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜 公式ブログ

神奈川県横浜市を拠点に活動するひきこもり当事者グループです。居場所・女子会・ピアサポート学習会を手作りで開催しています。

第11回ひきこもりピアサポートゼミナールのご案内

ピアサポートゼミナール 開催案内

こんにちは。最近めっきり寒くなりましたね。冬場は皆さん調子を崩しやすいので体調にはお気をつけください。

 

今回は「第11回ひきこもりピアサポートゼミナール」のご案内です。

 

メディアでも紹介されたひきこもりピアサポートゼミナールというピアサポートの学習会。終了まで残すところあと2回になりました。

 

第11回ではピアサポート理論体系の最後の単元「アドボカシー」を扱います。

アドボカシーとは「自分たちの必要なもの・権利を主張して獲得する」ことを指します。

ピアサポーターの核となる活動の一つで、声を上げられない人の代わりに主張することで、ひきこもり状態の状況や求めているものの「代弁」をすることが重要です。

今回も理論体系を学び、十分な演習を通して理解を深めます。

 

※なお、最終回(第12回)は「過去にピアサポゼミに参加したことのある人」が対象となることから、新規で参加したい方は次回が申し込みのラストチャンスになります

 

そこでピアサポートゼミナールのおさらいをしましょう。

ピアサポゼミの特長は

ピアサポートの理論体系をじっくり学べる

ひきこもり当事者・経験者のみで学びあう

③ゼミナールの半分以上を演習に充て、少人数形式でじっくりと話し合う。

などが挙げられます。

そのため自治体または家族会主催のピアサポート学習会とは全く違うやり方・方向性を取っています。そんな異色の学習会に参加してみてはいかがでしょうか?

 

それでは以下ご案内です。

※当日は写真撮影+録音が入ります。写真はモザイク加工した状態で報告会+報告集等に掲載予定です。録音は記録専用のため、外部に用いることは一切ありません。

「第11回ひきこもりピアサポートゼミナール」

日時:2017年1月21日(土)17:30~20:30

場所:横浜駅近辺(参加者にのみ連絡)

内容:「アドボカシー」(アドボカシーとは何か?自分たちにはどのように代弁できるか?など)

参加対象:ひきこもり当事者・経験者

参加費:500円(飲み物・お菓子つき)

申し込み方法:以下①~⑥までの全てを記載のうえ、ひき桜公式アドレスまでご連絡ください。

①氏名(本名)

②ふりがな

③連絡用メールアドレス

④連絡用電話番号

⑤あなたはひきこもり当事者または経験者ですか?(はいorいいえ)

⑥ブログ前記事に記載の注意事項全てに同意しますか?(はいorいいえ)

公式アドレス:hikizakura.yokohama@gmail.com

 

前回の様子はこちらです。後半セッションでは下半分のスペースを使って解説を行いました。

f:id:hikizakura:20170109211051j:plain

 

申し込みは当日の15:00までに行ってください。

早めの申し込みですと助かります。

皆様のご参加お待ちしております!