ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜 公式ブログ

神奈川県横浜市を拠点に活動するひきこもり当事者グループです。居場所・女子会・ピアサポート学習会を手作りで開催しています。

DVD「ひきこもりからの回復」上映会のご案内

こんにちは。今回は新たなイベントのご案内です。

「地域向け」なので、本人・家族・支援職・地域の方など、どなたでも参加することができます

 

NHK厚生文化事業団が今年作成したDVD「ひきこもりからの回復(全3巻)」を、毎回1巻ずつ上映し、その後簡単に感想を共有することで皆さんと交流できたらと思います。

この上映会は製作側の了解を得て開催します。

 

ただ「回復」という使い方はピアサポートを学習している身としてはとても引っかかりますね。まるでひきこもりが世間的に悪い状態で、それを治すような。

正しくは「リカバリー」ですね。自分らしい道を歩み、自分らしい人生を選択することが個々のリカバリーにつながるのではと思います

 

用語の指摘はありますが、DVD自体は見ごたえのある内容となっています。

精神科医斎藤環さんをはじめ、ひきこもり経験のある方、家族会を運営している方、対話イベントの主催者など、様々な角度からひきこもりについて考えています。

 

第1巻は「私がひきこもった理由~回復へのヒントを探る~」ということで、当事者会ではこの話題がある程度出ますが、DVDのような広い形で紹介されるのは珍しいですね。

当事者会の良さは「自分の経験を批判されずに話せる」「似た経験を持つ人同士の交流ができる」が挙げられます。つながりを求めている人にとってはおススメかなと思います

 

第2巻は「我が子がひきこもったとき~家族の役割と支援~」ということで、家族会では必ず出てくる話です。

家族会の良さは「家族の状況に対して、他の家族から意見をもらえること」です。家族会を敬遠する人がいますが、家族同士の自助会というのはひきこもり当事者会と同じくらい大事な存在です

 

第3巻は「あなたは一人じゃない~様々な支援の形・地域編~」です。このあたりは知らない人が多いのではないでしょうか。

今の課題は「情報不足」だと思います。ひき桜はこう見えてインターネット発信を積極的に行っているのですが「横浜市内に居場所がありません」という書き込みをしばしば見かけます。実際には、横浜市内には当事者会が3つ、家族会はもっとあるほか、NPOなどを含めれば20団体ほどあります。情報が届いていない証拠かなと思います。

 

長くなりましたが、今回の上映会は桜木町と町田の2会場で行います。

お近くの会場にご参加ください。

 

以下ご案内です。

DVD「ひきこもりからの回復」上映会

※メールで事前申し込みをしてください。

日時:下記参照

桜木町「神奈川県立青少年センター」

第1回:7月15日(土)17:30~20:00「3階研修室①」(第1巻視聴+感想共有)

第2回:8月12日(土)17:30~20:00「3階研修室①」(第2巻視聴+感想共有)

第3回:10月予定

②町田「町田市生涯学習センター」

第1回:8月19日(土)17:30~20:00「6階学習室2」(第1巻視聴+感想共有)

第2回:9月を予定

第3回:10月を予定

 

内容:DVD視聴+感想共有

参加対象:どなたでもOK

参加費:無料(ただし飲料菓子代実費として(100円程度)を頂戴します)

申し込み先:①②を記載のうえ、下記ひき桜メールアドレスまでお申し込みください。

hikizakura.yokohama@gmail.com(担当:割田)

主催:ひきこもり当事者グループ「ひき桜」in横浜、町田市生涯学習センター

 

詳細はチラシをご参照ください。

f:id:hikizakura:20170625235851j:plain

f:id:hikizakura:20170625235931j:plain

 

皆様のご参加お待ちしております!

【重要】2017年度ひきこもりピアサポートゼミナール開催のお知らせ

※当日枠の説明追加

※2017.6.3 開催チラシ更新

※注意事項更新&キャンセル待ちシステムの説明追加

 

 

こんにちは。2017年度のひきこもりピアサポートゼミナールを5月より開催することになりましたのでご案内いたします。

 

ひきこもりピアサポートゼミナールとは「少人数演習形式」でピアサポートの理論体系についてじっくり学びあう、珍しい形の学習会です。主催者・参加者は全てひきこもり当事者・経験者で行い、講義形式はとりません。

アメリカのピアサポート研修テキスト(翻訳版)を用いて学ぶ本格さ、当事者同士が自分の経験を基に学べる場、という環境のため、安心して参加できたという方も複数いらっしゃいました。

2016年度は延べ154名が参加されました。

メディアでも複数取り上げられました。こちらを見ると概要がつかめるかと思います。

diamond.jp

diamond.jp

 

2017年度は昨年度よりボリュームが増え、プレ講座が追加されました。

プレ講座ではピアサポートガイドラインを用いて、そもそもピアサポートとは何かという原則を知っていただきます。そのうえで本編に入ることで、昨年度より学びの導入がスムーズにいくかと思います。

 

昨年度の取り組みは報告書としてまとまっていますので、ご希望の方は送料のみでお渡しいたします。

hikikomori-peersupport.hatenablog.com

 

今年度の日程は以下となりましたので、ぜひご参加ください。1回のみの参加も大歓迎ですが、体系的に学びたい方は継続してご参加いただけたらと思います。

 

今年度のピアサポートゼミナール開催日程

第1回:5月20日(土)12:30~16:30「プレ講座①」(※定員に達しました

第2回:6月11日(日)12:30~16:30「プレ講座②」(※定員に達しました

第3回:7月2日(日)12:30~16:30「信念体系①」(申し込み受付中

第4回:7月15日(土)12:30~16:30「信念体系②」

第5回:7月29日(土)12:30~16:30「信念体系③」

2018年1月まで、全16回開催いたします。

繰り返しですが、1回のみの参加も大歓迎です。

 

場所:桜木町駅近辺(メール申込者のみ連絡いたします)

内容:ピアサポートは何か、理念・心得を中心に学び、演習を通して「自分たちには何ができるのか」を考えていきます。

参加対象:ひきこもり当事者・経験者のみ(年齢制限なし)

参加費:1回あたり500円(飲み物・お菓子つき)

定員:20名

 

★初回のメール申込開始日:5月1日より

以下4つの内容を添えて以下「ひき桜公式アドレス」までお申し込みください。

※複数回まとめての申し込みは出来ません。

①お名前

②ふりがな

③あなたはひきこもり状態にある方・もしくはあった方ですか(はいorいいえ)

④(下記記載の)注意事項に同意いただけるか(はいorいいえ)

申し込み・問い合わせ:hikizakura.yokohama@gmail.com(担当:割田)

 

※注意事項

・テキストの譲渡・転売などを行わないこと

・運営に支障となる行為を行わないこと

・演習などで得た個人情報を外部に漏らさないこと

連絡なしに2回欠席した場合には、次回以降、他の方の申し込みを優先いたします。 

 

★キャンセル待ちシステム

定員になった場合、キャンセル待ち扱いとして参加予約することができます。申込みしたもののキャンセルされた方がいた場合、繰り上げて参加することが出来ます。

 

★当日枠について

当日欠員が出た場合、午前中にブログなどで募集をします。ただし枠があるかは当日にならないと分からないのでご了承ください。また当日枠でもメール申込みは必須です。

 

開催チラシはこちらです。

f:id:hikizakura:20170626224718j:plain

f:id:hikizakura:20170626224803j:plain

 

以上お申し込みお待ちしております!

ひき桜(居場所)の会場案内

ひき桜(居場所)は月1回、桜木町駅徒歩10分にある「神奈川県立青少年センター」で開催しています。

 

ただ「この会場に着くまで迷う」「どこの部屋で開催しているか分からない」といった声がありましたので、今回は一部写真付きで紹介します。

 

★ひき桜(居場所)のメイン会場「研修室」

メインの会場は、多くの場合3階の「研修室」です。

ただ研修室は①と②があるので気をつけましょう。

部屋の前に張り紙で「ひき桜in横浜」と書いてあるので、該当する部屋に行ってみてください。基本入り口は開けっ放しにしています。

 

メイン会場では「交流」「お一人様スペース」「マットスペース」があるほか、飲み物をたくさん用意しています。フレーバーティーが結構ありますね。

先月からは「音楽鑑賞」「悩みを語る会」も行われ、何でもアリな感じになっています。

ちなみに部屋は60人規模or100人規模なので、そんなに圧迫感はないのでは…?と思っています。写真は60人規模の部屋です。

f:id:hikizakura:20170614233323j:plain

 

★卓球・テレビゲーム・女子会会場「NPO活動室」

NPO活動室はセンターの2階にあります。ただとても分かりにくい場所にあるので、写真を使って紹介したいと思います。

 

・まずは「紅葉坂(もみじざか)」を上がってきてください。とても急な上り坂なので水分補給しましょう。

紅葉坂を登りきると、右側にコンクリート製の建物があります。これが神奈川県立青少年センターです。

f:id:hikizakura:20170614233730j:plain

 

・入口の自動ドアをくぐったら、点字ブロック沿いに進んでエレベータで2階に上がりましょう。

f:id:hikizakura:20170614233834j:plain

f:id:hikizakura:20170614233919j:plain

 

・2階に上がると写真のような場所に到着します。ここに着いたら「つきあたりを右に進んでください」。

開けっ放しになっているので、気にせずドアをくぐりましょう。

f:id:hikizakura:20170614234056j:plain

 

ドアをくぐるとこんな場所に到着します。

f:id:hikizakura:20170614234212j:plain

 

奥の部屋(活動室①)が女子部屋、手前の部屋(活動室②)が卓球・ゲーム部屋です。

ちなみに青少年センターでは、神奈川県内のNPO・家族会・当事者会の情報が大体揃っています。情報収集にも使えますね。

 

基本的に受付はメイン会場で行っているので、まずは3階研修室に来てください。

それでは当日お待ちしております!